服に気を取られた結果

もうすぐ娘の入学式が行われます。娘も初めての小学校なので緊張しているとは思いますが、小学校に行くことを楽しみにしている様子です。子供は学校指定の制服があるので服装で悩むことはありません。ところが、親の私がギリギリまで服のことで悩んでいました。以前上の子の時に着たワンピースは痩せたのかぶかぶかでサイズが合わなくなりました。3日ほど前に選び、ようやくそろったので安心したのですが、ふと靴のことが気になりました。
以前履いたベージュの靴は安物だったためか、靴の先端が剥げていたのです。黒の補正ペンは持っているのですがベージュは無理です。服に気を取られてすっかり靴のことを忘れていました。なので仕方なく卒園式の時に履いた黒い靴を履いていく事に決めました。そちらもあまり新しくはないのですが、たびたび履く靴でもないので買うまででもないなと思っています。そういえば、卒園式の時に他のお母さんの靴って注目していなかったなぁと前向きに考えています。

大人になっていく息子

私には10歳になる息子がいます。息子は小さいころから特にこだわりのない子で私が買ってきたものを文句ひとつ言わずに使ってくれる子でした。ところが、最近こだわりが出てきたというか好きなものが出来たようで買う時は「ここで」というお店が出てきました。
それは文具類は無印良品。服はZARAさん。田舎に住んでいるので近くにお店はないので休みの日に買い物に行きます。服も気に入ったものを自分で選んで着るようになりました。無印良品はノートやペン、消しゴムを使っていますが、最近は文具だけではなくお菓子にもハマっています。何故か抹茶系のお菓子が好きで、抹茶のチョコレートサンドクッキーや抹茶のバウムクーヘンは私が無印に行く時に必ず「買ってきて」と頼まれるほど。
まだまだ子供だなと思っていてはダメですね。これからどんどん個性やこだわりが出てきて親のいう事なんか聞かなくなるのでしょう。けれどどんな大人になっていくのかなと、今から楽しみです。

初めましての食材

地方の番組での料理コーナーを見ていました。そしたら出てきたある食材がとても気になりました。「根三つ葉」というものです。聞いたことがなかったので何だろうと見ていたら、体やお肌などにもよくて女性の味方なんだそうです。正直三つ葉はそんなに得意な方じゃなかったんですけど、体と肌にいいなんて聞いてしまったら頑張って取り入れてみようかしらなんて思っちゃいました。その番組では過熱で栄養素が落ちないように、なるべく短い秒数で茹でて他の具材と和えてましたね。いろいろレシピを検索して自分のレパートリーに参加させたいと思います。人間体が資本ですからね。何するにも健康であるのって大事です。ちなみにユーチューブで「根三つ葉」を検索したら非常に可愛いモルモットちゃんかな?その子らがもしゃもしゃと食べる動画が出てきて癒されましたよ。ポッキーゲームのように三つ葉を二匹でもしゃもしゃするシーンは必見です。私のお気に入りです。モルモットちゃんのように私も根三つ葉を積極的に食べて、綺麗で健康を目指したいと思います。

スポーツウェアを買いに行く

スポーツジムに通うことになったので、今日はランニングウェアを買いに行きました。

春先ということで、ウォーキングウェア、ランニングウェア、スポーツウェアというタイトルで沢山コーナーが出来上がっていました。

なるべく安く、そして可愛い物をという事で今回はムラサキスポーツとしまむら、GU、ユニクロの4件をパトロールしてきました。

ジム初心者の私。出かける前にネットでどんなものが売っているかリサーチ。スパッツと、ショートパンツ、Tシャツと、スニーカーを買うと決めて出かけました。

まず、ユニクロをウロウロ。シンプルな黒やグレーに加えてビビッとなピンクのハーフパンツや、しっかりしたスポーツ用のスパッツ、ラッシュガードなどが売っていました。私はユニクロで汗をかいても大丈夫なTシャツを1500円でゲットしました。
続いてムラサキスポーツ。しっかりとした可愛い本格的なウェアがづらり。でもどれも高くて、全て揃えると高額になりそう。。なので、スニーカーだけ購入しました。
続いて、しまむらもパトロールです。しまむらも中々安くて可愛いのが、ちらほらありました。シンプルなものより、柄ものが多かったです。そして、中にはメーカーの物も安くで沢山ありました。ムラサキスポーツの後にしまむらへ行ったのでとても安く感じました。しまむらでは600円でしっかりとしたスパッツをゲットしました。

最後に、GUです。GUもユニクロと同様にスポーツウェアの特設コーナーがあり、とても定価格。ハーフパンツの種類が多かったので、ハーフパンツを購入しました。

1つのお店で揃えるよりも色んなお店を見てみる事で安く、そして可愛いウェアを揃える事が出来ました。

満足なお買い物が出来て良かったです( ´∀`)

興味をそそられてるイベント

今度地元でラーメンショーが開催されるんだけど、実はそれがとてもとても気になってるんですよ。あまりそういうイベントって「楽しそうだな」って思う事はあっても行きたいなあとはなかなか思わない性分なので、結構自分的にはレアな感情です。そのイベントは今回が初開催ではなくて何回目かなんですけど、つけ麺が初お目見えらしくちょっと気になってるんです。いろんな地方からおいしいお店が参加するので地元ではたくさんCMが流れてる影響でしょうか、ラーメン好きの血が騒ぎ出したかもです。前のショーの際に、熊本のお店は震災があったにもかかわらず頑張ってお店を出してくれました。そんなこともあって結構私の中では印象深いイベントですね。ちなみに私はすごく小食なので、何日もかけないと全部のお店制覇は無理そうです。ラーメンは別腹、みたいな体になったらいいのにと思う今日この頃ですよ。まぁ、そうなっちゃうとおそろしく太りそうで怖いですけど。でも地元が賑やかに活性化するのはいいことですよね。どんどんこういうイベントが増えてにぎわうといいし、田舎なのでこれを機会にたくさんの人が我が地元の良さを知ってくれたらうれしいです。

猫が死にました。

結婚して30年がたちます。田舎ということもあって、今まで何匹もの猫がうちに迷い込んで来て
そのうち4匹がうちの子になってくれましが、その3匹目の子が先日息を引き取りました。
はじめその子は声が出なくなり、のどのゴロゴロ音がすごく大きい音になりました。
そのうち食欲が落ちてきたのでさすがに変だと思い、獣医さんに連れていきました。
最初は気管支炎と言われて投薬で治ると思っていたのですが、だんだん痩せてきてしまいました。
どうやらのどに出来物ができて、呼吸困難になっていたのでした。
抗生剤やステロイドの注射でしのいでいましたが、食欲はもどらず、口を開けての努力呼吸で
どんどん衰弱していき、もう毎日の通院も注射もかえってかわいそうだと通院をやめました。
立てなくなっても、トイレに行きたいと教えてくれるので、前日までトイレに連れて行っていましたが
ついにその時が来たのです。
心配していたほど、苦しそうな最後ではなかったのでほっとしています。
死んだと分かったときは家族で撫でて褒めて、そして感謝しました。
猫を送るのは3回目ですが、いつも「ああしていれば、こうしていれば」と思わずにいられません。
でも、精一杯治療をしてあげたと思い、悲しみに打ちひしがれるのではなく、猫を送ってあげられました。
そして、一匹 残っている猫のおかげでペットロスから逃れられています。
ありがとう。ぷんちゃん、そしてさーちゃん。

こたつのない家

私の実家には、こたつがありません。子どものころはこたつがあったのですが、「部屋が汚れるから」という理由で、いつの間にかなくなってしまいました。こたつに掛ける布団には、どうしてもほこりや食べかすが溜まりがちで、掃除するのが意外と大変なのです。そのかわりにホットカーペットを使い、その上にちゃぶ台を置いて食事などをしています。
夫の実家にも、こたつがありません。理由は「こたつに入るとそのまま動かなくなり、家事などを怠けるようになるから」だと聞いています。「なるほど」と思いました。確かに一度こたつに入ってしまうと、暖かくて気持ちよいので、こたつを出て何かするのがおっくうになりがちです。
理由はそれぞれ違いますが、夫婦どちらの実家にもこたつがない、というのはなかなかユニークなケースなのではないかと思います。こたつがない家で過ごした者同士が一緒になったので、今の住まいにはこたつがありません。それでも困ることなく冬を過ごせています。

DVDを見て、自分なりにわかったこと

映画「戦場のピアニスト」のDVDを借りて見ました。ショパンの遺作のノクターンが使われているというので、実際に確かめてみたかったからです。
ショパンの遺作のノクターンは何曲かありますが、映画で使われていたのは、1830年に作曲された嬰ハ短調の曲です。大人の初心者向けのピアノ教本に、易しくアレンジしたうえで、「映画『戦場のピアニスト』で使われた曲」としてよく取り上げられています。
しかしながらそうした楽譜を見ても、もともとどんな曲だったのかが思い出せません。私は「戦場のピアニスト」は映画館で見たことがあっても、ノクターンは記憶に残っていないのです。
DVDを見て確かめたところ、嬰ハ短調のノクターンは映画の最初と最後に使われていました。個人的な印象として、全体的に暗くおとなしい感じの曲です。曲を聴いた瞬間「これは記憶に残りにくい」と感じました。
その一方で、メロディや構成が単純なので、易しくアレンジしやすいと思いました。そのうえで「映画で使われた曲」と銘打っておけば、大人の初心者が取り組みやすくなるといえます。
ノクターンが記憶に残りにくい一方で、大人の初心者向けの教本でよく取り上げられる理由が、DVDを見て自分なりにわかるような気がしました。

音楽好きの友人からCDを借りました。ショパンの雨だれがお気に入りだそうです。

お友達の影響で、最近クラシックを聴くようになりました。ピアノは小さい頃習っていたので、ある程度の曲は知っているのですが、長らく音楽からは遠ざかってしまっていました。そのお友達はコーラスをされていて、ママさんサークルの中でも結構真面目に活動しているグループの中心メンバーなんですよね。ピアノ伴奏を頼まれたのがきっかけなんですが、私はピアノ伴奏を出来るほどの実力は到底ありませんので、丁重にお断りをしました。ちょっと冷や汗をかきましたよ。どこで、そんな噂になったのでしょうかしら。もしかしたら娘のピアノの発表会で連弾をしたことからかもしれませんが、コーラスの伴奏と、小学生の娘のピアノ伴奏ではレベルが全く違いますものね。その友人はショパンが大好きだそうで、いくつかCDを貸してもらいました。ショパンの雨だれがいくつかあったのですが、やはり指揮者や演奏者によって、全然違った感じに聞こえるので不思議ですね。爽やかな雨のように思うときもあれば、寒々しく感じたり、静寂さを感じたり。もしかしたら自分の感情の状態によっても違うのかもしれませんよね。娘も興味深そうに聴いていて、嬉しかったですね。

手の肌ケア

手元のお手入れがとても気になっています。スキンケアと言えば、お化粧するお顔のことばかり気にしていましたが、乾燥する季節になって、顔よりも手の肌のきめの粗さが目につくようになりました。確かに、お顔はお化粧直しなどで鏡を見ないと自分では分からないのですが、手元は自然に目がいきますよね。自分の指先の乾燥が気になったこともありますが、先日、ママ友とランチをしている時に、お一人とてもきれいな手をされている方がいて、お食事中に何度も目が行ってしまったことも、手元ケアをしようと思ったきっかけです。ランチ会のメンバーはネイルもきれいに施されている方がほとんどなのですが、ネイルが派手であればあるほど、手の肌の質感とのギャップにどうしても違和感を感じてしまうのでした。失礼な話ではあるのですが、お食事中はどうしても向かい側の方の手の動きに目がいきますよね。その手のきれいな方hは、ベージュ系のネイルでどちらかと言えば地味な感じに仕上げていたのですが、肌の美しさとあいまって一番輝いていました。それからは、私も就寝前に必ず保湿クリームと美白のエッセンスを手の甲に塗るようにしています。