12月20日行政書士受験生日記

今日の仕事は午前中は待機で午後からは自宅での仕事なので、勉強は午前中にすることにしていました。
とはいっても民法の条文をe-govで検索してピックアップしてパワーポイントにコピペするだけの作業なんですけど、六法買いたくても買うことができない貧乏なので思いついた方法です。(本当は六法が欲しい!)
まあ、コピペなのであまり苦労はしないけどどうなんだろうと思いました。
じゃあ問題集は?とかテキストは?なんて聞かれそうなのですが、テキストはまだ販売されていないし問題集はとりあえず過去問はあるので(しかも無料でもらったもの)収入が入ってくるまではこの状態になるかな。
このやり方だと憲法や行政法だとパワーポイントじゃなくてワードにコピペするのもいいかな。
いずれにしても紙ベースのほうが使いやすいし。
これから勉強ツールを集めて勉強していこうと思います。
なにせ受験勉強題材のライティングも書きたいし、仕事の幅も増えるからその分だけ収入も増えることになりますよね。

ぬるナチュラリスト

何が何でも!自然素材!!というわけではないのですが、洗うものには石けんを使っています。
お風呂は自分で手作りした石けん。髪の毛は、もろもろの理由でシャンプーです。
洗濯も液体石けん。
食器洗いも石けん。
でも、お風呂とトイレなどはそれ用洗剤です。
重曹やクエン酸にもすごく興味があるのですが、なかなかそこまで行けないところが、「ぬるナチュラリスト」です。
料理も、うま味調味料は買っていないのですが、顆粒だしを使っているというぬるさ。
白砂糖の代わりに、はちみつ、オリゴ糖、三温糖やキビ砂糖を使っているけれど、塩は合成の食塩で、塩田製のものではありません。
でもまあ、自分や家族の体と心にやさしく、できるだけ自然に優しくを心がけています。
この間、古くなった天ぷら油で、台所用の石けんを作りました。
もう少ししたら解禁で、そうしたらさっそくお皿洗いに使ってみようと思います。
季節のせいもあって、洗い物をする私の手はカサカサしてきたけれど、こまめに手作りのクリームを塗りこんで、何とかしようと思っています。
がちがちまじめにナチュラル生活、ではないですが、こんなのもいいかなあ、なんて思っています。

スチームオーブン、すごい。

夫は手作りピザが好きです。
と言っても、生地はホームベーカリーで、私は量ったり延ばしたりするだけです。
まあ、ソースは手作りですが(えっへん)。
一回につき3枚ピザ生地ができるので、いつも生地だけ冷凍しています。
でも、それを焼くと、なんだか硬くてバリバリになっちゃうんですよね・・・。
作りたてのが一番だとわかっていますが、やっぱり残念です。
昨日も、冷凍しておいたピザを焼きました。
「なんだか、硬くて、切りにくいね」と夫。
「やっぱり冷凍したからねー」と私。
大食漢なので、もう一枚焼くことになりました。
で、ふと、「おや。そういえばうちのオーブンはスチームも使えた。あまり使ったことはないけど、やってみようかな?硬さが和らぐかもしれないし」と思いつきました。
水容器に水をセットして、スイッチオン、25分間待つのだぞ。(知ってる?)
焼きあがったら、一枚目とは明らかに違って、ピザの耳がふっくらしています。
作りたてには及びませんが、スチームでないものに比べたら、格段においしい。
おおー。1つ学んだわー。
あるものは使おう、と本当に思いました。

500円玉貯金の効果は大きい

友人から100円玉貯金をしているという話を聞いて自分も始めてみようと思い、まず100円ショップへ貯金箱を買いに行きました。そこには缶切りで開けない限りは開封できない貯金箱を売っていましたが、良く見ると500円玉用もあって満杯になると30万円になるみたいなので、ハワイ旅行ができると思い買ってきました。それからは買い物のお釣りで500円玉ができると必ず貯金箱に入れ、わざと500円玉のお釣りを貰うようにしてみたりして徐々に貯まっていきました。そこそこの重さになると金額が気になりましたが、透明な貯金箱ではないのでどのくらいなのか見当もつきませんでしたが万単位なのは確実でした。1年ほど我慢して貯めていましたが、友人から韓国旅行に誘われて、ハワイではないけれど旅行用だからと思い開封して数えた所、何と6万円近くになっていました。結局旅行費用とお土産代の半分はこの500円玉貯金で賄うことができ、改めて500円玉の威力を思い知りました。開封した貯金箱は今でも500円玉貯金として使っていて、次回の旅行に備えています。

家事全般・節約です。今までと違う生活が見えました。

結婚し、将来のことも考え、ケチるのではなく無駄をなくすことで出産費用を貯めたいと考えています。いかに充実した生活で貯蓄を増やせるか、毎日ちょっとした事でも無駄をなくせると幸せになれます。請求書を見返して季節ごとの波をみて、来シーズンはああしようこうしようと日々ノートに書き留めています。何事も我慢は大切ですが、ひもじい思いをするのは、節約ややりくりではなくケチだと思ってるので、旦那と自分のお小遣いは減らさず、私ができるところを削っています。今はそれを模索している時間が楽しく、趣味となっています。それと繋がって、インスタグラムをよく閲覧するようになり色々なアイディアを真似してみるのも楽しいです。他の家庭の平均支出も見る事ができ、液性価格なんかも知る事ができて、今まで倦厭していたSNSがいまでは生活の一部になってきています。仕事が終わって旦那が帰ってくるまでの2-3時間のうち、家事が終わってからの時間唯一ゆっくりできる時間でもあります。

手作りピザのトッピング

最近はまっているのがピザを作ることです。ネットで自分で作るピザ生地のレシピを発見したのでそれを参考にしてピザ生地を作ってます。
ピザ生地はうまく作れるようになったのですが、最近の悩みは生地の上に何をのせるかということ。ついつい同じようなものをトッピングしてしまうのでマンネリになっているんです。
一番よくやるのが市販のピザソースにブロッコリーとソーセージとチーズをのせるというもの。だいたい家の冷蔵庫にいつも入ってるものでできてしまうので思いついたときにすぐできるのが良い点です。
でもこればかり続くと飽きてしまうのが困りもの。家族にもたまには変わった味が食べたいと言われてしまいました。
それで次に考えたのが、マヨネーズとコーン、スライスした玉ねぎ、ベーコン、チーズという組み合わせです。これは結構好評でした。コーンと玉ねぎが意外と合うことを発見してしまいました。どっちも焼くと甘味が増して美味しいんです。
でもこればっかりでは再び飽きてしまうだろうと予測して、新たなトッピングを考え中です。マヨネーズにはジャコも合いそうだしなぁ、とか、照り焼きチキンは絶対美味しいよね、とか、そんなこと考えているだけで幸せなのでした。