ミシンは苦手です

趣味は編み物で周りからは手芸全般得意そうに思われているのですが、実はミシンが苦手です。中学校でも高校でも家庭科の授業でミシンを習ったのですが、私はいつも出席番号が一番最後で、そしていつもミシンの台数が足らずに私だけ他の人が空いている時に交代で使うよう指示されて、いつもミシンの課題は居残りを余儀なくされていたので苦手というよりは嫌いという感じなんです。今なら不公平だなんだと文句が言えるんですけど、高校生になってもまだまだそういう文句を先生に言うのって出来なかったんです。そんなこんなであまり好きではないミシンですが、家庭を持つようになると編み物なんかより断然必要になってくるんです。ズボンの丈を直したり、幼稚園の袋物を作ったりと、下手くそながらに色々こなせるようになってきました。そして一念発起して子供の為にプリキュア衣装づくりを始めたんです。100円ショップで売っているフェルトを使う簡易的なものですが、そんなことをしようと思うようになったなんて我ながら親バカになったものだと思います。型紙や作り方の動画なんかがネットにアップされているのでとても助かります。そして親バカは私だけじゃないんだなとつくづく思います。あまり好きではないミシンですが愛する娘の笑顔を見るためにお母さんは頑張りますよ。