仕事に行きたくないと、なぜ感じる??

「仕事に行きたくない」と感じたことがある人は多いのではないでしょうか。喜んで仕事に行くことができればこれほど幸せなことはありません。しかし、大半の人はそのような感情が湧かないのが通常です。そして、仕事に行きたくないと思う背景には、必ず何らかの理由があるはずです。今日はその原因について考えてみましょう。

【原因1: 職場の人間関係が悪い】

「人間」と言うのは、文字どおり「人が人との間で、支え合うことによって成り立つ存在」であると言えます。ですから、職場環境上、人間関係が複雑であったり、冷めた人間ばかりがいるような環境の中で仕事をしなければならない場合、緊張感が絶えずとれない状態が継続します。

このような状態では、ストレスばかりが溜まる一方で、本来しなければならない仕事にも十分力が発揮できなくなります。つまり、人間関係が良くない環境に長期間いると、苦痛ばかりが募るため、「仕事に行きたくない」という感情が出てしまうのです。

【原因2: サービス残業が多い】

人は仕事をしてそれに見合った報酬をもらい、生活を営んでいるのです。しかし、サービス残業を当たり前としているような社風が潜在的に存在している会社の場合、自分一人がその雰囲気を無視して仕事が終了した段階でさっさと帰宅する、ということをするのはかなり抵抗があります。

実際のところは、自分だけでなく他の同僚たちも同じように感じていることが多いものです。しかし、誰ひとりとして文句を言うことなく、ただただサービス残業に耐えているような状態は精神衛生上よくありません。「サービス残業をしても何の得にもならない。労働搾取だ」と感じてしまうこの思いが「仕事に行きたくない」と思わせる理由のひとつになってしまうのでしょう。

【原因3: 自分にばかり仕事がふられる】

本来仕事のできる人というのは皆から尊敬される存在でしょう。しかし、表向きはよいのですが、仕事ができる本人は仕事ができるがゆえに、自分ばかりに仕事が集中してしまう、という悪循環に知らぬ間に陥ってしまいがちです。

そしてある日、自分の周囲を見渡すと自分ばかりが仕事をしてストレスも溜まり、クタクタであると気付くことがあります。このような状況では心身ともにいつか追いつかなくなる日がくるのも自然なことでしょう。最後には「もう疲れた。仕事には行きたくない」と思ってしまう自分を発見してしまうのです。皮肉なものです。

https://www.kyouinwoyametai.com/

いかがでしたか。「仕事に行きたくない」という理由から抜け出すためには、自分ひとりではどうしようもできないことがある、ということがおわかりいただけたのではないでしょうか。ですから私たちは苦しみ悩み絶えない日々が続くのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です