友達とラインで話しました

友達とラインで映画の話で盛り上がりました。
最近私がみた映画「ララ・ランド」の話題です。
私はミュージカル調の映画はこれまであまり好みではないと思っていたのですが、見てみたらとても楽しい映画でした。
楽しいだけでなく、切なさを感じる映画でもありました。
夢をかなえるために、得るもの、失うものがあるというのは誰しも大人になると通る道だと思うので、私にも共感できる部分があったのだと思います。
主人公のミアの恋人セバスチャンが、ミアを失うことを覚悟のうえで、あきらめかけていた夢をかなえるために背中をおしてあげたところが特に泣けました。
本当に好きな人のためなら、その人を失ってでも、夢をかなえさせてあげたいと思うものなのかもしれないと思いました。
友人もミュージカル映画があまり得意ではないそうですが、この映画は見てみたいと思っているそうです。
私ももう一度、ゆっくり見てみたいです。
またサウンドトラックを購入したいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です