冬の瀬戸内海直島の旅

平成29年お正月、瀬戸内海に浮かぶ島の一つ直島に2泊3日の旅に出かけました。2013年第1回瀬戸内国際芸術祭が開催され国内はもちろん世界中から観光客が訪れているようです。毎年春夏秋には世界のアーティスト達の作品が島の至る所に展示され島全体がアートになるそうです。私は冬に訪れたので常設のオブジェなどを見ることができました。まず島に着き目に飛び込んできたのはあの草間彌生さん作品の巨大赤カボチャ。雑誌などで知ってはいたけれど実際目の前に現れた時はもう心がうれしくて飛んで走っていきました。想像していた通りどっしりしているのに何かユーモラスなかぼちゃにしばらくじっと見入っていました。我に返って宿泊先のベネッセハウスミュージアムに到着。ここはホテルと美術館が併設されていて宿泊中何度も世界のアーティスト達の作品を鑑賞できたのは最高に良かったです。この建物自体も日本を代表する建築家の安藤忠雄さんの建築設計で彼独特の世界に触れることができます。さらにホテルからのながめは言うまでもなく一歩外にでて丘の坂を下ると瀬戸内海に突き出た突堤の先にまたもや今度は黄色に黒のドット柄の巨大カボチャ。坂道を転がるようにして近づいてかぼちゃの肌を何度も何度もさすっていました。草間さんの激しい芸術人生の中でひと時瀬戸内に癒されたのではと何となく感じた瞬間でした。その他にも印象に残っているのは李ウーファン美術館です。ここも安藤氏と李ウーファンとのコラボで造られた美術館ですが瞑想の世界とでもいうか不思議な世界に引き込まれました。今回の旅はいままでになかった本当に不思議な感覚をあじわえた旅でした。直島はすばらしいです。

北海道の道東方面へ旅行したことについて

私は、昨年の6月末から7月上旬にかけて北海道の道東方面へ旅行に行ってきました。出身地は、北海道で現在札幌市に住んでいますが、今まで一度も道東方面へ行ったことがないこと、知床が世界自然遺産に登録されたことなどから行ってみようと思いました。旅はひとりで行き車で旅行雑誌に載っていたところをあちらこちらと回りました。七泊八日の旅行で初日は帯広の近くの温泉宿へ行きました。札幌を12時ごろ出発し、道東高速道路を利用しましたが、あいにくの雨で思っていたより時間がかかりました。道東は面積が広いので車で移動するのに時間がかかりました。いろいろと回りましたが、思い出に残った場所が数箇所ありました。一つ目は、オンネトーです。深緑の湖が湖の向こうにある小高い山稜を反射し浮き上がって見えてとても神秘的で心が奪われました。二つ目は、納沙布岬です。その岬は、日本で一番東にある岬で北方領土が意外なほど近くに見えました。夏だというのにとても寒かったことが身にしみました。三つ目は、知床の羅臼でクルージングを体験したことです。何故、クルージングをしたのは、沖に出るとくじらやシャチに遭遇する場合があるからです。その日のクルージングでは、くじら、群れを成したシャチに何回も遭遇しました。中でも、群れを成したシャチが私たちの乗っている船に眼前に迫り、しかも、船が向かう方向と同様にしぶきを上げて進んでいたところを目のあたりにし、大感動しました。今回の旅行の中で、クルージングが一番の思い出で、その情景が今でも脳裏に焼き付いています。

鹿児島県指宿市で涼しい夏を!

去年の夏、鹿児島県南部にある指宿市に行ってきました。暑い夏に食べたくなるものといえば、「そうめん」ということで、唐船峡という地域にあるそうめん流しへ行きました。
日曜日ということもあって、駐車場は車でいっぱいでした。唐船峡の門をくぐると、そこは不思議な空間が広がっています。夏にも関わらず、木陰はとても涼しく、生い茂る緑でマイナスイオンたっぷりです。
いくつかそうめん流しのお店があるのですが、わたしたちが行ったのは、一番奥の「鱒の家」さんというお店です。こちらは、「マス釣り」を楽しんだあと、そのマスを焼いてそうめんと一緒にいただくことができます。まず、そうめんを注文し、釣竿を借りて、近くの池でマスを釣ります。マス付きのセットを注文した数だけ自分たちでマスを釣らなければならないしくみです。注文のあとは、いよいよ池に行きます。人が多い時はマスも遠慮しているのか、なかなか餌に食いつきません。釣れたときは、マスが力一杯抵抗します。マスに「ごめんねー」と思いながらも、釣れた時は満面の笑顔がでます。
マスを釣ったあとは、いよいよ食事です。店員さんに案内された席に座って、注文票を渡し、待つこと10分ほど、そうめんと先ほど釣ったマスの塩焼きが運ばれてきました。ここ鹿児島のそうめん流しは、他の地域のような竹筒をつかったものとは一味違うものが楽しめます。新鮮な水が流れるドーナツ型の容器にそうめんを流し、それをすくって食べます。水が冷たいので、そうめんもすごく冷えていてのどごし最高です。そうめんセットには、コイの刺身やコイの味噌汁をつけることもできます。
暑い夏に、家族でマス釣りを楽しみ、冷たいそうめんをみんなで囲む、そんな夏のひとときを指宿で過ごしてみませんか?

山口県長門市での旅行

5年前くらいの夏に、友達と初めて二人旅行で、山口県の長門市あたりを観光しました。

山口県出身なのですが、あまり行った事がありませんでした。
友達の運転で行ったのですが、さすが田舎でドライブは思う存分できます。
中々コンビニなどもなかったりして、トイレとかは困りますが。

この時初めて行ったのが、千畳敷です。
山の上みたいなところに広がる草原で、海も見えます。
ツーリングで来てる人も多かったです。

風が強かったですが、晴れていたので気持ちよくて、広がる緑色の大地に癒されました。
崖の方にいくとこわいですが、お弁当とか持ってきといて食べるのもいいなぁと思いました。
利用しなかったですが、カフェみたいなお店もひとつありました。

千畳敷までの山の道は中々ながいのですが、途中にジブリに出てきそうなお店があり、寄ってみまさした。

山に囲まれて、入口もいい感じの緑に囲まれていました。
小さい雑貨屋さんで、森のなかにある感じで、よりおしゃれでかわいく見えました。

その後は、元乃隅稲荷神社に行ってみました。
沢山の鳥居と、鳥居の上にある高い賽銭箱で有名です。
海のそばの崖の上みたいなところにあります。
そこにつく頃には、曇りで風も強くなっていて、ちょっと怖かったです。

風が強すぎて、賽銭なげるのをやめましたが、海が見えるところで並ぶ鳥居はすごかったです。
また天気のいい日に行ってみたいです。

地元だからこそ中々行かなくなってましたが、いろいろいいところがあって、自然に癒されました。

友達とラインで話しました

友達とラインで映画の話で盛り上がりました。
最近私がみた映画「ララ・ランド」の話題です。
私はミュージカル調の映画はこれまであまり好みではないと思っていたのですが、見てみたらとても楽しい映画でした。
楽しいだけでなく、切なさを感じる映画でもありました。
夢をかなえるために、得るもの、失うものがあるというのは誰しも大人になると通る道だと思うので、私にも共感できる部分があったのだと思います。
主人公のミアの恋人セバスチャンが、ミアを失うことを覚悟のうえで、あきらめかけていた夢をかなえるために背中をおしてあげたところが特に泣けました。
本当に好きな人のためなら、その人を失ってでも、夢をかなえさせてあげたいと思うものなのかもしれないと思いました。
友人もミュージカル映画があまり得意ではないそうですが、この映画は見てみたいと思っているそうです。
私ももう一度、ゆっくり見てみたいです。
またサウンドトラックを購入したいなと思っています。

東京わかものハローワークを通じて清掃業の会社に勤めています

私は23歳の男性です。私は今清掃業の会社に勤めています。業種はサービス業で仕事内容は主にアパートの共用部の清掃やお客様が退去した部屋などを心をこめて清掃する仕事です。企業の大きさはかなりでかくなったと思います。従業員の方も色々な業者がいて人自体もかなりいます。この会社の良いところは、私は東京わかものハローワークを通じて、転職してまだこの会社自体まだ長くはなく2年ぐらいなのですが、そんな私でもこの会社の良さがすぐに分かったのは、本当にお客様第一として全力で仕事をしている所やお客様からのクレームがあったとしてもけして腐らずに仕事をしている所だと思います。会社の好きな所はお互いに刺激しあい、また、仲間意識を大事にして助け合いながら仕事をしている所だと思います。また、前の会社ではなかったボーナスがある所です。この会社の自慢な所は、日々清掃を真剣にお客様のためにやっている所やお客様にいかによろこんでもらえるかを考えて仕事をしている所が本当に素晴らしいし、清掃は以外と同じことの繰り返しで飽きたり、手を抜いてしまうことが良くあるのですが、けして手を抜かず、まためんどくさがらずに真剣に必死にお客様に気持ちががいい場所を提供している所が本当に自慢です。

アラフォーの現実

52e4e67866e8f41b08ef47986ffe8313_s

アラフォーが恋人を作るのはとても難しいです。なぜなら、アラフォーといえば結婚している人が多いからです。同窓会に行ってもほとんどが結婚してこどもも大人になっているでしょう。20代とは違い、恋人にできるフリーな男性は限られているのです。同じくらいの歳でなくても結婚は出来ますが、果たして若い子がアラフォーの恋人になるなんて話が沢山あるでしょうか。さらに、アラフォーの恋人になると考えると、ただの恋人ではなく結婚を前提にお付き合いしなければいけないという意識が生まれます。アラフォーとなれば、絶対に結婚しない相手と付き合う時間もあまりありません。こどもが欲しければ高齢出産になるため尚更時間がありません。ただでさえアラフォーと付き合う事自体に『結婚も視野に入れて』というハードルがあるのです。かといって、結婚はしなくていいから恋人止まりという条件で恋人になってくれる人もいるのでしょうか。

アラフォーになれば、肌もたるんでシミもシワも増えています。髪の毛も白髪まじりになっているでしょう。そんな姿の人とお付き合いしたいと思うでしょうか。自分磨きをしていつもキレイにしていないと、なかなか恋人も見つかりません。そして体力も若い子と比べればありませんから、激しいスポーツデートも出来ません。一番の問題は歳です。20代の女性とアラフォーの女性、どちらと恋人になりたいですかと質問があれば、ほとんどの人が20代の女性と答えるでしょう。20代側がとてもブスでデブであったとしても、年齢で決めてしまう人も大勢います。それほどまでにアラフォーの恋人探しは難しいのです。
つまり、いつもキレイでアラフォーとは思わせない姿、大人の魅力溢れる振る舞いは最低限の条件です。アラフォーの皆さま、ぜひ自分磨きをしてこのような出会いサイトを用い、誰もが羨む人を恋人にしてみてはいかがでしょうか。

糠漬けならば少量で選ぶのがいい

きゅうりや大根、にんじんなど糠漬けにすれば乳酸菌が豊富、日本風の健康食品ではありますが自分で漬けるのに根気が要るという保存食です。
興味もあり朝食などに並べてみると味もいいですが、お水を調整したり糠を少し入れたりとか、毎日の手入れという点では合理的ではないもの。

糠漬けの手入れをすれば手肌にもよい効果があると言うし、小鉢によそって献立にすれば身体に効きそう、健康面でもメリットがあります。
この食品を日常的に食べるなら野菜を漬けてできあがったお漬物がいいので、宅配カタログに載っていた糠漬けを注文してみました。
きゅうりや大根、にんじんが一本ずつで一袋、自分だけで食べるにはこれくらいがいいですね、おのこりすることもないし。
冷蔵庫に入れると多少糠のにおいがするのでタッパーに、性質からしてたくわんとか糠のお漬物は密閉容器がベストですね。

味というと薄味で現代風、いつもはキャベツやにんじんなどの浅漬けを食べることが多いですが、献立にバリエーションというのでたまの糠漬けもよいもの。

お休みの午前は掃除

8f3144158e682d9ec64e1e681f040218_s

お休みだからといってノンビリしていると午前中からお昼になるのは結構短い、朝ごはん食べてから片づけ、ついでにキッチンのピンポイントとかしていると。
いつもお休みだと朝ごはん片づけの後は掃除や整頓の習慣になっているので、キッチンツールなどのくすみがあると洗剤やスポンジできれいにします。

キッチン洗剤というと食器洗いが基本ですが、まな板とかちょっとした油ならばクリアな除菌洗剤がいい。
冷蔵庫の上とか内側もこれでさっぱり、匂いもないというのもよいメリットで本体のボトルを最初に購入すれば二回めからは袋入りの詰め替え。
200円少々の値段でいい効果、メインはキッチン用にしていますが収納ケースなども素材により使える、リビングもキッチンもこれ一本です。

テーブルも布巾でふくよりも除菌効果もあり、ぼんやりのくすみなどもクリア、キッチンの収納棚の掃除にもいいので毎年の年末掃除アイテムです。
食器棚もシートする前ならこの洗剤で、電子レンジの外側と内側も気になるタイミングで。

去年からハマっているお酒

私には去年からお気に入りのお酒があります。そのお酒と出会ったのは去年母と祖母と群馬県に旅行に行った時に泊まった旅館で出会いました。夜ご飯の時に出たお酒でとても飲みやすく美味しすぎて自分のお土産としてすぐに旅館で購入してしまいました。そのお酒は群馬県にある酒造国國光さんで作られて販売されている柚子酒です。とても柚子の香りがよく、味もおいしくアルコール度数も高くないのでとても飲みやすいお酒です。そのままでも水で割ってもお湯で割ってもソーダで割っても美味しくてなんにでもあいます。値段も安く大きさも様々あるので初めて飲む方には一番小さいミニボトルがおススメです。一番高い値段でも2千円くらいなので値段も安いところも魅力的です。私は最近このお酒に合うおつまみを探すことが楽しみです。